作者別: admin

失敗しない賃貸物件の選び方・ポイントは?

Published / by admin

こんにちは!

不動産系の会社を運営している立山です。

館山には白山公園などの景色がキレイな場所がたくさんあります。

本来春の時期ですと、桜がキレイに咲いていて、観光客の方もたくさんいますが、今は三密を避けないといけないので、人はほとんどいません。

今年の春は人の目に触れることなく散ってしまうかもしれませんので、少し残念です。

話は変わりますが、一度は賃貸物件を契約して一人暮らしを経験するものですよね。

しかし、多くの場合「物件選びに失敗してあとから後悔するのはやだなぁ」と感じるはずです。

物件選びは、選び方を失敗してもすぐに変えられるようなものではないので、ある程度我慢して住まいといけなくなります。

そうならないために、物件の選び方やポイントなどを紹介していきます。

是非参考にしてみてください。

物件選びで後悔しやすいポイント

出典:フォトAC

まず、物件選びで後悔しやすい部分に関しては、個人の好みがあるので一概には言えません。

多くの場合は以下のようなものが挙がります。

・周辺環境
・家以外の諸経費
・共有スペースの使い方に関して
・路線の特徴に関して
・設備に関して

周囲環境

物件選びで一番よく聞くのは「駅から近い」という駅近物件であることです。

駅から近い方が出勤時にも楽ですし、動きやすいのはあると思います。しかし、駅から近くても周囲の施設が充実してなくて不便な生活を送ることになってしまう可能性もあります。

また、駅から近くコンビニなどの利用はできても、スーパーが遠いといったこともあります。

駅から近いというだけで決めず、近くの施設がどれくらい充実しているのかも確認したうえで選ぶと後悔が少なくなります。

家以外の諸経費

物件を選ぶ時、ほとんどの人は家賃だけに注目して選びがちです。

しかし、中には物件の管理、共有スペースの修理、管理費などの支払いを大家さんや不動産会社に支払わないといけないこともあります。

諸経費は家賃の5~10%程度であることが多いので、毎月支払う管理費は数千円程度になることがあります。

物件を選ぶ時には、これらの費用がどれくらいかかるのか等もしっかりと確認したうえで選ぶと失敗は少ないでしょう。

共有スペースの使い方に関して

エントランス、高層マンションならエレベーターなどの共有スペースの使われ方が良くないと、住んでから嫌な思いをすることがあります。

ゴミ捨て場が散らかっていたり、老化に個人の私物が置かれていることもあるので、内見の際には、共有スペースのきれいさも確認しておくと良いでしょう。

路線の特徴に関して

駅から近い物件は、一見すると便利ですが、電車に乗る時に必ず満員になってしまったり、急行が止まらない駅であったりすることもあります。

住む街の駅に関しても見ておいて不便がないかどうか確認しておくのも大事です。

設備に関して

眺めがいい高層マンションに住んだとしてもエレベーターが来るのが遅かったり、ペット可の物件に住んだが近所の犬の吠える声がうるさかったといったものは住んでから気づくものです。

契約時には本当に後悔しないかどうかを改めて確認しましょう!

物件選びで後悔しない方法

物件選びで後悔しないためには、まずは内見時には昼と夜の2回物件や周辺を確認するようにしましょう。

昼と夜とでは景色の見え方も違いますし、住民の環境も変わります。

昼は静かで良いところであっても、夜になったら飲み会帰りの会社員がうるさかったり、学生の声がうるさかったりします。

女性の場合は、駅からの帰り道に街頭がどれくらいあるのか、夜道の明るさはどれくらいなのかといったことはチェックしておくと良いでしょう。

確認ポイントがよくわからなくても、昼と夜の2回内見すればある程度のことは把握することができます。

館山市で賃貸も行っている不動産会社を検討するのなら「館山市にある不動産」と検索して出てくるこちらのサイトがお勧めです。

賃貸物件はもちろんですが、購入することができる物件も扱っているので、とても参考になります。

不動産会社が水曜休みが多い理由

Published / by admin

こんにちは!

不動産系の会社を運営している立山です。

通常、会社は土日祝日休みが多いでしょう。

接客業でも土日のどちらかが休みだったりします。

しかし、不動産会社の定休日は、水曜日がお休みの場合が多いです。

初めて知ったという方でも、不動産会社が水曜日を定休にしている理由を知っていれば、せっかく物件を探しに行ったのに休みだったという思いをしなくてもよくなります。

不動産会社が水曜定休にしている理由

出典:フォトAC

特に決められているわけではないですが、不動産会社が水曜定休にしているのは、シンプルに「他の不動産会社も水曜定休にしているから」というのもあると思います。

しかし、それだけではありません。

土日はお客さんが増えるから

不動産会社に訪れるお客さんが最も多くなるのは土日です。

終末に向けて準備を行って、終末が終わったら成立した契約書類を整理するというやり方をするとなると、土日から離れた上で一番休みやすい水曜日が定休にしやすくなるのです。

管理会社が水曜定休だから

不動産の管理会社は、水曜日が定休であることが多いです。

そうなると不動産会社用のサーバーにアクセスすることができないので、仕事ができません。

また、不動産関連の連絡や手続きで関わることが多いが管理会社なので、休みになってしまうと不便であるため定休にしているというわけです。

契約が流れてしまうというのを連想させてしまうから

縁起を担ぐというのも休みの理由としてはあります。

「水」という漢字が「契約を流れさせてしまう」ということを連想させてしまう為に休みにしているのです。

契約で商売が成り立っている不動産会社にしたら、いいイメージとはいえません。

まとめ

もちろん全ての不動産会社が水曜日を定休にしているというわけではありません。

中には土日が休みだったり、年中無休で営業をしていたりすることもあります。

しかし、多くの不動産会社は水曜日を定休にしているので、不動産会社を複数回りたいなら水曜日は避けるべきでしょうね。

不動産業で役立つ資格はどういうものがあるのか

Published / by admin

初めまして。

不動産系の会社を運営している立山です。

不動産業界は大変ですが、それなりにやりがいのある仕事で、お客様にぴったりな家を提供できた時の喜びが日々のモチベーションになっています。

そんな不動産業では、持っておくと役立つ資格がいくつかあるので、紹介したいと思います。

持っておくと役立つ資格

出典:イラストAC

不動産業をする上で役立つ資格は以下になります。

・宅地建物取引士(国家資格)
・不動産コンサルティング技能士
・FP(ファイナンシャルプランナー)関係(国家資格)
・司法書士(国家資格)
・任意売却取扱主任者(任売マイスター)
・マンション管理士(国家資格)
・建築士(国家資格)
・インテリアコーディネーター

物件に関わるものは国家資格が多くあります。

まず、やはり不動産業界では言わずと知れた資格が「宅建」です。

宅建士が不動産業界で重宝されるのは、不動産業を営む際には、必ず一事務所に従事する人間の5人に一人は専任の宅建士の設置が義務となっているからです。

全員が持っている必要はないのですが、必ず一人以上はいることが必須になります。

また、宅建士は不動産の重要事項の説明ができるようになっていると、業務面でも重宝されるので持っていて損はない資格です。

国家資格でいえばファイナンシャルプランナーも大事な資格の一つです。

これは、顧客の総合的な資金計画を立てるために必要な資格になります。

不動産なので、当然ですが、相続や税金、住宅ローンなどの知識が必要になります。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると顧客に対してしっかりと税制面の説明をすることができますし、信頼獲得にも繋がります。

これも持っておくとかなり重宝されますね。

次に司法書士。

実は、司法書士が最も難しい試験とされています。

司法書士の役割は、顧客のトラブルを財産や権利などの法律面から守ることができるようになります。

不動産表の中でも不動産登記の際に有効になります。

合格率がかなり少なく、実に3%程度だとされています。

しかし、これらの国家資格は、持っておくことで今後不動産関係で働きたい時に有利になるので、是非可能であれば取得しておきましょうね。